TECHNICAL NOTES

技術資料

 

インフルエンザなどの空気感染リスクの低減

新千歳空港国内線ターミナルでの実証モリタリング実験

2009年。
東京大学NEDO集中研究室からの受託研究として弊社では以下の実証モニタリング実験を実施しました。
北海道空港株式会社、国道交通省航空局の協力のもと、新千歳空港国内線ターミナルに341台の光触媒空気浄化装置を設置。
また全体空調機にも光触媒フィルタユニットを装備しました。
この結果、空港という実用空間においても優れた抗菌・抗ウィルス性能を持つことを確認しました。
光触媒空気浄化装置によるフルエンザ等の空気感染(飛沫核感染)のリスク低減は他の細菌・ウィルスへの応用を期待できる実験結果です。

光触媒空気浄化装置により浮遊菌数の減少

全体空調機への光触媒フィルタユニットの設置

2階ロビーへの光触媒空気浄化装置への設置

関連試験資料・ダウンロード