除菌・抗ウィルスデータ

光触媒フィルターによる除菌・抗ウィルス試験の実験結果を公開しています。

外部研究機関試験による除菌抗ウィルスデータ1


実験ボックス(1m³)

委託試験機関:社団法人北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院 
          医療環境科学センター 
試験番号:00416(試験実施期間:2004年11月29日~2005年3月8日)   
試験機種:SSV-20

実験方法
培養方法: MRSA 普通寒天平板培養法
  インフルエンザA型ウイルス 細胞変性効果(CPE:Cytopathic effect)、
あるいは代謝阻害の観察からウイルス感染力価(TCID50)を測定。
除去率(%)の計算:
細菌=(IN側回収菌数-OUT側回収菌数)÷IN側回収菌数×100
  ウイルス=(IN側回収ウイルス数-OUT側回収ウイルス数)÷IN側回収ウイルス数×100

実験結果
細菌・ウイルスについて十分な除去能力あり。
  除去率
インフルエンザA型ウイルス 最大 99.95%
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 最大 99.995%

<<「光触媒とは」に戻る
ページのトップへ

外部研究機関試験による除菌抗ウィルスデータ2

委託試験機関:予防医学センター、バイオメディカルサイエンス研究会

A.結核菌(BCG)への効果
実験方法
菌液を光触媒フィルターへ滴下して、ブラックライトを60分照射後、菌液を回収して培地にて4週間培養し、コロニーをカウントした。

実験結果
結核菌に対して光触媒フィルターの除去効果が確認できた。
光触媒フィルター ブラックライト(369nm) 生存菌数 生存率 備考
なし なし 5.63×10³ 100% 自然減衰
なし あり 4.00×10³ 71% 紫外光のみ
あり あり 7.3 0.002% 光触媒稼働

B.インフルエンザウイルス(H3N2型)への効果
実験方法
インフルエンザウイルス(H3N2型)が含まれた液を光触媒フィルターに滴下して、ブラックライトを15分照射後、抽出してウイルスを回収し、段階希釈後細胞培養(Hep2)した後、感染価を調べた。

実験結果
インフルエンザウイルスに対して光触媒フィルターの除去効果が確認できた。
光触媒フィルター ブラックライト(369nm) 生存菌数 生存率 備考
なし なし 2.00×10³ 100% 自然減衰
なし あり 3.50×10³ 17.5% 紫外光のみ
あり あり 0.0 0% 光触媒稼働

<<「光触媒とは」に戻る
ページのトップへ