CONTROL BIOLOGICAL ATMOSPHERE

感染防止対策

光触媒の働き

カビ・細菌・ウィルスも分解(酸化反応による分解)

光触媒フィルタは空気中を浮遊する細菌やウィルス、カビの除去にも効果を発揮します。
フィルタ表面に吸着した細菌・カビ・ウィルスは酸化反応によって細胞膜が破壊されることにより無効化されます。
だからフィルタ表面に吸着したカビ・細菌・ウィルスは生きたまま増殖を始めるということはありません。
細菌、ウィルス、カビは死滅します。

 

耐性菌ができない

フィルタ表面に吸着された細菌は光触媒によって酸化分解されるため、燃焼処理と同じで耐性菌は生まれません。

安心で安全な常温分解

光触媒により酸化分解は常温で行われる特徴があります。分解はゆるやかで発熱することはありません。
細菌やカビは発熱することなく酸化分解で処理されます。

食品の鮮度を延ばす

植物が成長する過程で生み出すエチレンガス。
果実の熟成などには必要な過程ですがエチレンガスが生鮮品の鮮度を落とします。
光触媒でエチレンガスを分解処理することによって臭気だけではなく生鮮品の鮮度を延ばすのにも効果的です。

植物工場の育成環境向上

鮮度を延ばすのと同様に植物工場やハウス栽培などの閉じられた環境の中で植物の成長で放散されるエチレンガスを分解処理することで植物の生育環境を整えて向上させる効果があります。
また、空気中に浮遊する細菌やカビを除去する効果もあります。