VENTILATION

局所排気装置

プッシュプルユニット

光触媒スクラバーとの組み合わせで暴露対策が変わる

 

プッシュプル型排気装置は実験や生産工程で発生する排ガスに作業者が暴露されないための設備です。
特徴は低い気流速度で封じ込めができること。
法令で定められている一般的なヒュームフードのサッシ開口面(補足面)通過風速は0.5m/s。
これがプッシュプルだと0.2m/s。
同じガスを半分以下の風量で封じ込めることができます。もちろん法令もクリアします。
 
そのメカニズムは上部から或いは側面から清流を発生させ排気側でそれを吸引します。清流は汚染されているガスを包み込み周囲に拡散しないよう排気されます。
 
より少ない排気風量で済むので、光触媒スクラバー装置のサイズもより小型のものを選択することが可能になります。狭い作業スペースでの安全確保にも最適です。
 
視認性も良く、作業を妨げる支柱や壁面のない構造も検討できるので幅広い分野で応用が効きます。