FILTER

他の追随を許さない高性能 光触媒フィルタ

光触媒環境浄化装置の基本的な内部構成

光触媒環境浄化装置の基本構成はプレフィルタ、光触媒フィルタとUV光源、アフターフィルタです。
プレフィルタは空気中の粉塵や水滴をキャッチ。アフターフィルタでは処理する対象のガスの種類や使用する環境に応じて主に活性炭と中和フィルタ、HEPAの3種類から選択して組み合わせて使用します。

 

独自開発の光触媒フィルタ

セラミックを基材とした独自開発のフィルタが光触媒で空気を浄化する技術の要です。
酸化チタンがコーティングされた多孔質構造のフィルタに紫外線光が照射され表面が活性化。
空気中に含まれる有機溶剤や悪臭の原因物質の分解及びウィルスや細菌の分解が行われます。(特許 P2003-53194A)

安全・安心の常温酸化分解

光触媒による分解は酸化分解のひとつですが特徴は常温のまま行われること。
また人体に有害なオゾンも出しません。
常温でガスや臭気を分解できるのが光触媒の特徴です。
まさにオンリーワンの技術なのです。